何のために戦うんだろう

f0013452_23382592.jpg


 優れたリーダーは、戦略家。
 敵の心理を読み、土地を気候を把握し、多くの人を従える術も心得ている。 
 リーダーと言っても、今日は企業などの話でなく、最近見た歴史上の戦争、
 闘争を率いた人を見て感じたこと。





 昔の戦い、人、一人一人が向き合って戦っていた そんな場面を再現した映像を見ると
 地球には、血がどれだけ染み込んでいるのだろう と考えると恐ろしい。

 ローマ軍8万人 対 ハンニバル率いるカルタゴ軍5万人の戦い 
 ハンニバルが勝ち、ローマ兵は1万人程度しか残らなかったというカンネの戦い、すごい。
 何万人もの力を 一人の編み出した戦略で超えたの。その能力、尊敬します。

 ですが、殺人はグロイ。
 爆弾使うより、一人一人倒していくのは血なまぐさいけれど、命の重さを感じる気がします
 自分はどれだけ殺したか 空爆を落とした人と、一人一人切っていった人とでは
 殺人の記憶が異なるんじゃないか・・・それは私の想像上でしかないけれど。
 どちらにせよ、人が死ぬことには変わりない。

 歴史の中で、それを大きく動かした人の死は今でも残るのに
 その戦いで命を落とした多くの人たちは、その何万人の兵士として
 まとめられて終わってしまう。

 同じ命なのなのに、歴史の中では同じ重さでないの。

 ここのところ、たまたまそんな番組や映画を立て続けに見て
 何のために戦ってるんだろう・・・と思わされながら
 平和と戦争の関係が 必ずしも対極にあるわけでない気がしたり
 支配する者の個人的な欲に操られたり、
 それぞれ異なる考え方で平和を望んでいても、
 お互いの価値観が絶対的だとするがために戦いになったり・・・
 争いは果てしなく、世界で戦争が絶えることはない。
 戦争でビジネスする人たちも国?もあるのだから、もうなんだか。
 
f0013452_23383871.jpg


 先日、戦術家であった中国の墨家の映画を見ました。
 自分の領地を守るために、戦術家の墨家を呼び、すばらしい戦術で城を守るのですが、
 次第にその領地の民は王よりも墨家を慕うようになる。
 すると、王は墨家が自分の座を最初から狙っていたのではないかと疑い、消そうとする。
 ところが王子もが墨家を慕っており、狙われた墨家を守ろうとしたところに
 王子が矢を受け、死んでしまう。
 墨家は、戦うことで 依頼された城を守り、民の犠牲を最小限にしたのに 
 依頼した王がそれを壊してしまうの。

 兵士たちは、何のために戦っていたのか・・・墨家の後を追おうとするが自決する。
 逃れた墨家は、様々な土地の孤児を連れ、平和を説いたそうな、
 それはあくまで映画のエンディング。

 ふぅ。ほんと上に立つものは、何かその地位にとりつかれるのでしょうね。
 何か大きなものを手にすると それがなくなることが怖くなる。人を疑い深くなる。
 上に立てば立つほど、私利私欲は捨てなきゃもたない。
 それに触れると、次第に人が腐っちゃう。そこに負の争いが生まれる。
 ほほぅ。
 
 結果的に良し、悪しは別として、人を従え、戦った戦術家として才のあったリーダーたち
 彼らの頭の良さを改めてすごいなぁと思う。
 ただ何のために戦うのか 
 戦わずいられない人間の性が見えてきます。

  ○写真は、チューリッヒ国立博物館(Schweizerisches Landesmuseum)にあった
    ブリキの人形たち とても精巧に作られていて魅力的。
    十字と旗が沢山見えるけれど、何の戦いでしょうか。 
[PR]
by horaice | 2008-01-06 01:00 | SWITZERLAND - CH - | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://lemonsui.exblog.jp/tb/7210470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by eaglei at 2008-01-06 21:49
去年はずっとNHK大河ドラマ「風林火山」を見ました。
一度も欠かさずに見たんですよ。
そこでも乱世の戦国の時代を扱ったドラマです。
自分達の平和を守るため、乱世を鎮めるために統一する目的、
いずれも戦う目的を正当化しています。
でも、そこには戦争による悲劇があるんですよね。

「何か大きなものを手にすると それがなくなることが怖くなる。人を疑い深くなる。」
このことは、本当にそう思います。
だから、裕福でない庶民が一番良いと思ってしまいます。
お金があるほど、地位が高いほど、人は醜くなってしまう。
真のリーダーとは何か、考えてしまいますね。
Commented by horaice at 2008-01-07 23:26
○eagleiさん
ものやお金、地位や名誉に執着してはいけないと分かって入る人でも
そのものを手にしてしまうと取り付かれてしまうことも多いと思います。
ほどほどに付き合っていきたいものですね。

真のリーダーになるためには・・・日ごろから私欲にとらわれない強い意志と信念と哲学がいるのかな・・と。プロフェッショナルの流儀が参考になるかもしれませんね;-9
<< ゆったりと大らかに 出窓? >>