Catedral del Salvador de Ávila

f0013452_23365068.jpg


      ロマネスク、ゴシック両様式が見られるアビラの大聖堂
      この重々しい雰囲気は・・既に進んでいた城壁に合わせ、
      部分的に要塞化することが求められたからだそうで、
      外観からは想像できない素晴らしい祭壇と天蓋があったようなのですが、
      そんなこととは知らず、さらっと抜けてしまいました。汗
      スペイン、素晴らしいところがありすぎて、慣れてしまうというか、
      教会建築、特にゴシック様式には・・あまり馴染めません。


f0013452_2337268.jpg



      だけど、こういうところが好きです。
      うろこ人間:-p
      このような真面目に ちゃめっけあるのが面白く、吸い寄せられます。笑 
      サラマンカの宇宙飛行士を思い出しました     

f0013452_23371079.jpg


      私たちが お守りします!
      日本で言う仁王さんみたいなもの?
      こちらのおじさんは、足クロス。

f0013452_23371975.jpg



      重厚な木製の扉。ここにも十字架。
      扉自体に柄のごとく クロスが刻まれているとは。
      威嚇しているようにも見えるし、魔除けの効果がありそうです。
      中の人たちは、守られていると感じるのでしょうね。
      スペインの家やバールでも良く見る立体的なモザイクのような扉の彫刻。
      こうしたところから来ていたのかな、などと思ったり。
      教会建築の装飾パーツを見るのって、楽しいです♪
[PR]
by horaice | 2010-09-28 00:42 | SPAIN - España - | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://lemonsui.exblog.jp/tb/14682742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by orientlibrary at 2010-09-28 17:35
うろこ人間!ホッと息がつけました〜☆
私、ゴシックとかバロック、ロココが苦手で、、でもこういう脱力を誘うものがあると安心します、、。
しかも左右にいるんですね!守り神なのでしょうか。
horaice さん独特の伸び伸びと空に向かう写真、おおらかなお人柄を想像して、いつもスカッとした気分で拝見しています。
Commented by mai-obachan at 2010-09-28 19:34 x
うろこ人間、出たぁー!!

アビラは新婚旅行で行きました。
、、、滋賀の人が京都に新婚旅行に行くようなものだけど。ははは。

いつも教会やカテドラルを見ると、建築様式や宗教的なことを知っていたらもっと興味深いんだろうなと思う。
ダヴィンチ・コードのラングドン先生と行ったら面白いと思うよね。

Commented by emilia2005 at 2010-09-28 23:02
ねじ伏せるような威圧的なゴシック建築は
どうにも馴染めないのですが、そこにロマネスク様式が加わると
随分柔らか味が出てきて、なかなかいいなぁと思います。
うろこ人間もちょっと…(足クロスは何気に可愛い~♪)
でもこの何重にもなったアーチの入り口
そこに施されている細かい模様は、とっても魅惑的ですよね(^^)
Commented by hanatomo31 at 2010-09-28 23:31
うろこ人間!! 大人気ですね。
わたしも、一目見てハートをわしづかみされちゃいましたよー!!
木のドアに彫りこまれた十字の連続模様も質実剛健だけど、引き込まれるものがありますね。
Commented by famigliaeamici at 2010-09-29 04:33
こんなにシリアスなゴシック様式なのに、鱗人間。。。(笑)なんだか真面目な中にも笑いがある、見たいな感じが何とも言えませんね~。
写真だけでもこれだけ威圧感があるから、本物はもっと押し迫るものがあるのでしょうね。
Commented by horaice at 2010-09-30 14:23
○orientさん
こんにちは♪ うろこ人間、鎧を着ているのかと思ったら、なぜか足はそのままで、謎な人物です。スペンの教会、こういうキャラクターがたまにいて面白いです。笑
私の写真、独特だったんですねぇ。上を見あげたアングルばかりなので、飽き飽きされているかと思っていたのですが・・気持ちスカッとして頂けたなら、嬉しいです♪
Commented by horaice at 2010-09-30 14:30
○maiさん
お久しぶりです!お元気ですか?じわじわレオンに向かっています。笑 新婚旅行地だったんですね!城壁の眺め、夜はまた素敵でしょうね。
教会建築、ほんと歴史や宗教、建築に詳しい人と歩くと、面白いに違いないですよね!と思い出したのですが、一度、大学の担当教授がドイツの教会に連れて行ってくれたのですが、先生・・話しだすと止まらず、暗い教会の中で疲れてしまったことがありました。苦笑 ラングドン教授なら、楽しそうですけどね♪
Commented by horaice at 2010-09-30 14:37
○emiliaさん
こんにちは♪
イタリアも沢山歴史的建造物が多いですよね。そんな古い建築物が沢山あることが日常である街に住むと どんな感じなんでしょう???
うろこ人間、こういう人、イタリアにはいませんか??笑 ほんとアーチの入り口の装飾も素敵ですね♪ うろこ人間にばかり、気を取られて 気付いていませんでした!
Commented by horaice at 2010-09-30 14:42
○hanatomoさん
こんにちは♪
うろこ人間、予想以上に人気ですね。笑 この足のくねりやキャラは、スペイン独特な気もするのですが、面白奇妙なものは、ドイツでもよく見た記憶があります。
木の扉、重厚で趣がありますよね。また色々アップします;-)
Commented by horaice at 2010-09-30 14:49
○ famigliaeamiciさん
こんにちは♪
うろこ人間、真面目に作ったのか、ちょっとちゃめっけを持ってデザインしたのか、、謎で、そんなこと考えているととても面白いです。
イタリアも歴史的建築物、規模が大きいものが多いですよね。昔の国の力を感じたり、教会勢力のそれを感じたりします。
Commented by shiki_cappa_m at 2010-10-02 22:40
こんばんは。
うろこ人間…いいですねえ!
私もそういうところ好きです。
造った当時の人はそんなこと欠片も思っていないのにね。

施基
Commented by horaice at 2010-10-02 23:31
○施基さん
こんばんは☆
ほんとこれやっぱり真剣に作られたんですよね??なぜか裸足なのも気になります。こういうの、ヨーロッパ、多くて感覚の違いに驚かされるのですが、きっと日本もそういうもの、新鮮な目でみるとあるのでしょうね♪
<< Frutas! Looking up the ... >>