Medersa Ben Youssef, Marrakech

f0013452_22584414.jpg






ベン・ユーゼフ・マドラサ
1956年まで使われていた神学校の回廊
床まで敷き詰められたモザイクタイル
漆喰のピンクの壁、タイルのブルー、グリーンが、何ともマグレブ的。

f0013452_2259466.jpg


吹き抜けのパティオ
空を縁取る木と瓦の屋根。
あくまで素人目での感想ですが、
アンダルシアでみたイスラム建築様式は、
パティオの噴水、水が象徴的に思えたのですが、
モロッコでは、水よりも空が印象的でした。

f0013452_2344286.jpg


誘われるような扉・・・
[PR]
by horaice | 2010-03-01 23:40 | Moroccoالمملكة المغ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://lemonsui.exblog.jp/tb/12984375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Ajinci at 2010-03-03 10:09 x
イスラムは、宗教として見るにはあまりに浅学の私。
しかしなから装飾のモザイクとそれを構成する基礎
建築工学において、尊敬。美をカタチにすべくの建
築かしらん。もちろん水、陽、にくわえ陰影のデザイ
ンに優れています。強烈なお日様を知っている民の
仕事。

多謝 Ajinci
Commented by horaice at 2010-03-03 20:18
○Ajinciさん
こんばんは☆
確かに光と影を利用したデザインは、′強烈なお日様を知っている民の仕事′ だということ、実感しました。イスラムアートに興味津津です。
<< back to the hotel 逃げていった2月!! >>