ALDGATE EAST

f0013452_165717.jpg


ALGATE EAST
なんとなく、暗い。地下鉄なので当然と言えば当然なのですが、、
駅の開業は1884年に遡るとても古い駅。そう考えるとすごい。
Hammersmith & City lineは、世界で一番古いと言われる地下鉄の線で
シャーロックホームズで有名なBaker Streetもこのライン。
その駅の暗さは半端ないけれど観光客、通勤の人も多く、雰囲気的に暗くても、
デコレーションも維持されていて威厳があるのに対し、こちらは何となく
薄暗くて何もないのですが、ロゴデザインはさりげにおしゃれ。
外を出るとトレンディなカフェが雑多な中に混じっており、現代アートで有名なWhitechapel galleryも。

ずっと気になっていたギャラリー。
数回しか訪れて居ませんが、見ごたえのあるインスタレーション
とても社会的なメッセージが強い作品が多い印象。
表はピースフルな彫刻の装飾がとても素敵なのですが、良い写真がなく、、
ぜひ、こちらでご覧ください。
見ごたえのあるインスタレーション、社会的なメッセージが強い作品が多く、
興味があればじーっとしばらく入れますが、そうでない時はすっと終わってしまう。
イギリスの多くの美術館同様、アドミッションフリーなので、いつでも気軽に寄れるのがいいです。

f0013452_1383752.jpg



f0013452_114210.jpg


f0013452_1145249.jpg



アパートの修復をきっかけに行われたプロジェクトの資料が陳列してあったのですが、とっても面白かったです。
コミュニティ内での人との代わり方や行動が、公共の椅子の設置やデザインで変化していく報告があったり。生活の中にあるいろんなものたちが、私たちにとってどんな意味があって、どうしてそこにあるのかを知ることで、それらを動かしたり、デザインを加えたりして、人の行動を誘導していくことができるんだということを教えてたり。


こういうトピックも、Repairというコンセプトでインスタレーションとしてギャラリースペースに展示されているというところがとても新鮮。

新しいものを導入する、というより、元々あったものの形を留めながら、新しく良いものにしていく、修繕というコンセプトがもたらす人の心的影響と、その可能性を見せてくれているようでした。
ただ人はモノを修繕、修理しているのでなく、その行為によって蘇る記憶、愛着、生活の中にあるものと共に関連した文化的な慣習や習慣がアイデンティティとなっていることをリサーチは語っているようでした。

f0013452_114249.jpg


さて、感心しているうちに、お腹がすいてきたということで、同じ通りで良いお店を見つけました。
お腹がすいていると美味しいものを見つける足取りが速くなります。


f0013452_1141687.jpg


イギリスは料理がまずいだなんて、昔から噂はありますが、
少なくとも今のロンドンは、探せばいくらだって美味しいものを提供しているところはあります。
ただ高いだけ。なのでいつもは自炊していましたが、たまにご褒美として友達とはいいところに、という感じでした。


f0013452_1151524.jpg


イギリス、に限らずかもしれませんが、カフェで時間を焦らされることがないのでとってもいいです。
カフェを横に、好きなだけおしゃべりして、本読んだり、待ち合わせしたり、場所によっては勉強したり。

f0013452_1429100.jpg


無造作におしゃれ。

f0013452_127184.jpg




f0013452_1193923.jpg


忙しい都会なのに、ロンドンは公園でゴロゴロしたり、ランチしたり、カフェも好きなだけいれて、のんびりした時間が流れてるのが魅力だなと。


f0013452_1515423.jpg


そしてこんなことがあっても誰も目をむかない環境なのが面白いです。
[PR]
# by horaice | 2016-04-30 01:25 | U.K. | Trackback | Comments(0)

Dorset, England

f0013452_0195082.jpg


思い出のドーセット。
空と海の風景は深呼吸するに近く、心が澄んでくようで気持ちがいい。

最近、あまり過去の写真を見ても記事を書く気にならず、
そんな気持ちの余裕も無いどころか、
よく病気にもならず乗り切ったという一年でした。
仕事漬けの私には、過去の私がまるべ別人というか、
別人生歩んでいるようで、すっかり私は浦島太郎気分。
あまりのギャップに自分で戸惑い、あれは現実だったのかと思う始末ですが、
自由に生きて来たことも事実なのを受け止めるべく、
忘れないうちに、また少しずつ思い出とともに旅を綴って行こうと思います。

f0013452_1614259.jpg


Dorset
イングランド南西部、対岸はフランス。
どこかやわらかい空気を感じる。
少し暖かい日差しと言うか、空気感がありました。

州都ドーチェスターにある友達の実家に遊びに行ったのは修論を終えた夏の終わり。
全くどんな所かも知らず、わくわくしながら彼女のお家へ。
ドーセットと言えば化石だよね?と友達に言われたことを伝えたら、
彼女のパパが早速集めて来てくれた。

f0013452_0201568.jpg


これ、化石・・・???
地層の一部??私にはよくわからないけれど、カタチが石器みたい。笑

調べてみたら、ドーセットの世界遺産にも登録されているジュラシック・コーストというところは、アンモナイトの化石が見つかるそうですよ。

f0013452_0355277.jpg


夏の終わり、、私はセーターを着ていたというのに、イギリス人家族達は海へ。
私も誘われたけれど流石に風邪引きそうだったので足のみ。
地元の海と違って、ここの浜は石だねー!というと、
海ってそうよね、とイギリス人の彼女。
バルバドスの浜は砂だよ。白浜に明るいブルーの海。
僕にとっての海は砂浜だね。と島育ちの友。
それぞれの海のイメージがあるんだ。
育った土地の風景。

f0013452_0182028.jpg


私は山育ちの後、海育ち。
って、どっちもかい!ですが、
山の麓に住んでいた幼少時も、遠くからきらきらした海が見えていて、
距離的には海に近い今の実家よりも、毎日見ていたことを思うと
とても贅沢な眺めだったのかもしれない。

f0013452_0224673.jpg


海と空は、私にとってこころの癒し。

f0013452_0232848.jpg


道の続く眺めが好き。その先が見えるようで見えないから、先を見たくなる。
好奇心は活力の源。まだ私、頑張れるかな。
[PR]
# by horaice | 2016-04-23 03:01 | U.K. | Trackback | Comments(5)

Community Garden

f0013452_20354653.jpg

大好きなElder Flowerのトニックウォーター。
エルダーフラワーなのに、エルダリーelderly って言っちゃって、大笑いした思い出の味。

More
[PR]
# by horaice | 2015-09-06 22:43 | U.K. | Trackback | Comments(3)

ぼーっと独り言。

f0013452_22482284.jpg


More
[PR]
# by horaice | 2015-04-13 23:35 | Fine Arts | Trackback | Comments(8)

春の色

f0013452_19111017.jpg


More
[PR]
# by horaice | 2015-02-22 19:57 | JAPAN - 日本 - | Trackback | Comments(6)