カテゴリ:MEXICO - México -( 24 )

手紙

f0013452_031587.jpg


先日、帰宅すると、あなたに手紙が届いているわよ、と母が言った。
誰だろう~このわくわく感。あの人か、この人か、考える時も楽しい。
予想した人と違う字?だけど、そう??
開けると可愛らしい木の枝に小鳥が一匹。淡いトーンのタイル画。      
この選択は、あの人に違いない。
こうして手紙をするようになって気付いたのだけど、
彼女は、とても繊細なこころを持った人なんだってこと。

More
[PR]
by horaice | 2009-07-28 00:54 | MEXICO - México - | Trackback | Comments(6)

夏の夕暮れ

f0013452_051214.jpg


 もう夏も後半?!
 夏も楽しんでないのに、夏バテか><。  
 頭痛いし、吐き気はするし・・・目は曇ってくるし・・・久々に体調が悪いです。
 秋冬コレクションがスタートし、益々メンズは、ジャケットなど着られて暑いようですが、
 レディースは、秋冬と言えども、薄手のスカートで冷えが下から来る。ほんと寒いの。
 汗っかきなメンズには、中々分かってもらえないみたい。
 冷房の温度、上げ下げ戦、日々、続いております。
 エコの時代なのにね、24度強はないと思いません???って愚痴ってスミマセン。

More
[PR]
by horaice | 2009-07-27 00:55 | MEXICO - México - | Trackback | Comments(4)

青写真を作ろう

f0013452_1334533.jpg


                 またまた町に戻って、気になる建物
           壁に直接描くというアイデア、日本にはあまりないですよね。
               Base Jaguar?! 扉の向こうには何が?!
         
              以下、町の景色と独り言。いつものことですが(苦笑)

More
[PR]
by horaice | 2009-07-21 14:52 | MEXICO - México - | Trackback | Comments(4)

ハモン!

f0013452_2251525.jpg


                      試食はいかが?        
          ユカタン半島のメキシコ人の方は、丸みのあるお顔と体系。
           どうしてスーパーのお姉さんを撮ったんだろう・・・・・・(笑)
      記憶を辿ると、そうそう!私はハムの陳列が面白くてカメラを向けてたんだ。
      すると不思議そうに近づいてこられたので、笑顔で返したら、このポーズ。
       陽気な感じはあちらの国民性?いや、サービス業ということもあるのか。
                   どちらにせよ、笑顔が素敵☆
       ほら、もう一枚目撮っている最中に気になっている右後ろの人がいます:-p   

More
[PR]
by horaice | 2009-07-19 23:43 | MEXICO - México - | Trackback | Comments(8)

ヴァケーションはいつっ?!

f0013452_151382.jpg


          気が付けば7月中旬!早く海に行かないと8月になってしまう。
                 お盆過ぎちゃいけないですから。。ハァ・・
               仕事詰めで、流石に気晴らししなきゃああと
          夜、海に駆け出し、砂浜に寝転がってみた日もあったけれど
                 怪しいし、怖い・・・当たり前か(苦笑)
                 やっぱり海は、泳がないと!!!!!
                 海水を感じて、太陽に体を晒したいっ。
          真っ黒になると、それはそれで冬服合わなくて問題になるけど
                そんなのいいぃ!!と言うのが今の気持ち。
[PR]
by horaice | 2009-07-18 01:16 | MEXICO - México - | Trackback

Giant fruits!

f0013452_22375678.jpg


                    スイカにパパイア!!!
             パパイヤは1/2、スイカは1/4のサイズが見えます。
          こちらは葡萄やバナナのように房を自分でちぎれない場合は
                    カットしてラップなんですね。
               ここまで大きいと、美味しそう~より、怖い。
               だけど、色鮮やかで見るだけで楽しい♪♪♪

More
[PR]
by horaice | 2009-07-15 00:24 | MEXICO - México - | Trackback | Comments(2)

CHILE

f0013452_23224714.jpg


                    CHILE CHILE CHILE....
         色んな種類があるんですね。地元の人は手づかみで選んでます。
       量り売りは、自分で使う分、食べられる量を自覚させられる気がします。
      また 一つ一つ選ぶというのも、それをするかどうかは人に依ると思いますが
             質を確かめ、買ったものに責任を持つことになります。
                いいものを選ぶか、外すかは自分の腕次第。
               五感が優れてくるんじゃないかなと思いました。

            
f0013452_23225559.jpg


         とそんなことを思ったのは、カナダにいた時、オーガニックスーパーで
      ブルーベリー一粒一粒 指で弾力を確かめながら買っていたおばあさんがいたの。
        一粒一粒ですよ!あの小さい粒を!!キョォ!!!と見つめていたら、
             こういうのが新鮮でいいのよって教えてくれたのです。
           ふ~ん。と私も面白半分、一粒一粒選んで買って見ました。
             すると、パッケージから取り出して、手に取るのが
             私が一つ一つ選び抜いたものだと言う感じがして
                 すごく一粒が美味しかったのです。
                 そんな味わい方があるのかと思いました。
        そんな人がいるということは、しっかり洗った方がきっといいですが(笑)

             何事も自分で判断し、選ぶことを委ねられる環境では、
            自分自身が判断し、選び抜く知恵がついていく気がします。  
              売り場の名やものに付けられる色んな形容詞でなく、  
          ものに実際に触れ、五感と確かなものを判断できるといいなと思う。
                 それには知識と経験が必要ですね。ホー
[PR]
by horaice | 2009-07-11 00:39 | MEXICO - México - | Trackback | Comments(8)

水の色

f0013452_0321417.jpg
                                         Cuncun, Mexico

                海から続く、マングローブジャングル
                        宝石のよう。
          マングローブとは、熱帯から亜熱帯の淡水と海水が混じる
              塩性の湿地に生まれた森林のことなんですね。
                   こちらは完全に水の中です。


f0013452_0322100.jpg



               ボートの移動はかなりの風に当たりました。


f0013452_0322574.jpg



                     空と海のグラデーション


f0013452_0323310.jpg


                   あぁ。何度見てもこの色が好き。
                まるで下からライトを当てたように明るくて、
             こころに沈んだ蟠りや悲しみが一瞬で飛んでいくの。
                  そんな息抜きも必要、ですよね;-)。
[PR]
by horaice | 2009-07-03 00:59 | MEXICO - México - | Trackback | Comments(10)

メキシコの色

f0013452_0265051.jpg


                       まずは食~自然の色
                 煮込んだお肉とトウモロコシのトルティージャ
           サルサと酸味の効いた新鮮なトマトとタマネギをトッピング♪
                     シンプルで美味しい~タコス!
          普段は食べることないけど、本場で食べると何でも美味しいですね。
                      ライムを搾って、パクッと。
               タコスと木の器。このテーブルの色合いが好き♪

f0013452_0273796.jpg


              お花がたわわに、どこから生えてるのかな・・この木。
                    明るいブルーの柱とオレンジの瓦、
                  日陰でも明るい黄色のテーブルクロス
             太陽の日差しが強いところ、カラフルな色が映えますね。
                色に触れるだけで、気持ち明るくなってきます。


f0013452_0545523.jpg


                         カラフルな家々。
               それでも調和しているのが、何だか不思議。
                 お隣さんの色、気にしたりするのかな。
             もし自分が住むなら、どんな色の壁にするだろう・・
                 選択肢がありすぎると迷っちゃいますね。
                一色で決めてしまうのが難しく思えてきます。
        気まぐれでは塗り替えれそうにないので、側面によって変えちゃうとか?!(笑)
                      皆さんなら何色の壁の家に?
                 結局、白紙に戻るように、白が落ち着くのかしら。
                    光、湿度によって見え方が異なる色、
                   文化によって、それぞれ意味を持つ色、
                様々な土地の人が持つ色の感覚を知るのも面白い。
[PR]
by horaice | 2009-07-02 00:52 | MEXICO - México - | Trackback | Comments(8)

緑の地平線 = Chichen Itza =

f0013452_0222131.jpg


    よくぞ登りました!
    この眺め、既にご覧頂いたことがある方は、お久しぶりです!
    ずいぶん前・・まだ私が靴屋にいる頃、一度別の話題でUPした写真です;-)
    行きはよいよい、帰りは・・というのは、こういうことなのかと。               
    遠めで見た時には想像もしなかった急斜面。
    降りる時はもう~座りながら一段一段お尻で降りました。


f0013452_0212744.jpg
                                              "El Castillo"

    現在、この遺跡に登ることは禁止になっているようです。
    内心、上に着いた時、こんなに開放していいのかと感じていましたが、
    好奇心はどこでも上へ登ることを欲するようで、
    多くの人が何の咎めもなく登っていたので、私も気合を入れて登ってしまいました;-(    
    だけど正解!こんな眺めが見られるなんて、想像もしていなかった。

    ☆よ~く覚えていてください~この青空!数分後に大変化が!!
 
f0013452_0185340.jpg
                                   "Templo de los Guerreros"


    !!WONDERFUL!! 
    初めて見た緑の地平線。
    エル・カスティージョの一番天辺の四角いところから立った眺め。
    二重写みたいっ!だけどそのままの眺め。こんなにジャングルに囲まれているとは!
    よく土地を切り開いたものですね。            

f0013452_0204888.jpg
                                        "El Juego de Pelota"

 
    奥に見える壁は大球戯場。あの恐ろし~いゲームが行われたところです。
    恐ろしいと思うのは、現代に生きる私たちの感覚なので、
    くるくる時代をマヤ暦に合わせることができるなら、異なる価値観が見えてくるかも??      


f0013452_021568.jpg


    こちらがその壁。右手の丸い穴にボールを入れた方が勝ち。
    勝った方の代表が、神の生贄に!?  
    それが平気、いえ名誉と思える文化とは、どんなものだったのでしょう。
    災害があったり、伝染病があったり・・そんな状況の中、
    神にすばらしいもの、生きた心臓?!を捧げ、引き換えに望んだものとは・・・
    今でも、神に自ら命を捧げる人たちがいますが・・通じるものがあるのでしょうか。

    神へ捧げられる人は優れているものの証となれば、光栄と思える文化、時代?
    本当にみんなそうだったのかな?
    避けてた人、いるんじゃない??などと思うのは私だけかしら(笑)


f0013452_0211085.jpg



    同じ人間という動物でも、置かれる状況によって、
    色んなことができたり、できなかったりするのだなぁとつくづく思います。
    精神的文化によって、考えがある程度方向付けられ、行動へ影響している。
    如何に自分で考えられるかというところも、やはり周りの環境の影響は避けられない。
    当たり前、当然、と思っていること。
    それこそ、その土地の文化や歴史を特徴づけるものであり、
    その「当然」が時代や場所によって、変化しますよね。

    その変化は、どこからやってくるのか・・・
    異文化の進入?思想の崩壊?
    今はインターネットなどメディアを通じ、また移動も簡単になり、 
    多様な価値観を知る機会はある。まだまだ閉ざされた世界はあるにしろ、
    情報を得、思考範囲は広がる可能性を持っている中で、
    属する世界の価値観に固執するか、共存するか、彷徨い続けるか・・・ 
    彷徨い続けると、居場所を失い、平衡感覚を失いそうになります。
    折り合いをつけて、判断していかないとね、とやっと思えてきたところなのが私。

    ☆さてさて、いつの間にか 青空からこの雨雲!ビックリでしょう?
    実は、このジャガーの神殿と呼ばれる頂上にある生贄の台にある 
    チャクモールが見てみたくて、この遺跡に行ったのです。
    写真では小さくて見えなくて残念ですが、首だけ正面を向いているのが不気味なの。
    生贄として心臓を置いたという台、そんな今では考えられないことをされたということが
    衝撃過ぎて、興味があったのです。

    ところが、やっとその場所を見つけ、あそこだーと思って近づこうとした瞬間。
    雲が迫ってきたの。コレは神業だと思って、恐怖を感じました。
    あれだけ晴れていたのに、突然。ジャングルの向こうから、雨雲がやってきて、
    雨に追いかけられたんですっ!
    こんな経験ありますか??
    私、2回目なのですが・・本当に雨が向こうから迫ってくるので、
    思いっきり走り、雨と競争。近づくなってことと受け取り、退散しました><。
    不思議な光る石で作られたチャクモールのお土産でもって我慢;^)
    不気味だけど、気に入ってピアノの上に置いてます。
[PR]
by horaice | 2009-06-26 02:33 | MEXICO - México - | Trackback | Comments(4)