You are what you eat

f0013452_23341338.jpg
                                        Vancouver, B.C
 
 英語のことわざ。食べるものによって、あなたのことが分かるというもの。
 とてもそう思う。食べ物が人を作っていると。表面的にも内面的にも。
 好き嫌いの多い人、なんでも来い!の好奇心旺盛なチャレンジャー・・・ 
 食べ物の好みが、それぞれ性格に反映してたりしませんか。
 バランスよい食事は健康的な人を育ててくれる。
 甘いものばかりだと、自分に甘くなっちゃう?!カルシウムがたりなければ、イライラ?!
 今の私が、肌荒れ激しいのは、何のせい?!
 バランスの取れた食事が、いいタイミングで取れるといいのですが・・・
 いえいえ、そういう栄養分だけのお話だけではなくて、
 食べているものを見れば、その人の生活や、性格まで?!も分かってしまいますよ!
 ということ。

 そうそう、このことわざを知った文章の中に
 You are what you read. というのもありました。
 読みものは、脳の栄養分。思考力を育み、人をつくる。
 また読んでいるもので、その人の嗜好~志向性が見えてくると言えるかもしれません。
 
 ぅ~最近、何も読んでいない・・・脳と仮想・・・もう少しで終わりのところで、終わっていません。仕事をできるようにするためには、もっと実用書を読むべきなのでしょうか。立ち読みで終わってしまいました。そんなことより、もっと真剣にやるべきことを考えないといけないのよね・・・ふむ。うぅ。って言ってる時点でダメですよね。賢く動ける人になりたいです。
 場数と覚悟かな。前へススメっ!自問自答ですみません><。

写真は、バンクーバー 「グランビルアイランド」のマーケット。野菜が鮮やか。
 欧米は量り売りが多いですね。他のアジアの国はどうなのでしょう?
 量り売りだと、どれくらいるか考えなきゃいけないし、自分で品定めをするから、
 いいものとそうでないものの見分けができるようになる気がします。
[PR]
by horaice | 2007-08-09 23:57 | Cuisine | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://lemonsui.exblog.jp/tb/6089875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cazorla at 2007-08-16 08:43
日本も昔 量り売りだったような・・
重しをつけていく あのはかりで 測ってたと思います。
ふと 懐かしい。
スペインもちょっと前まで おもりをちょっと乗せて・・やってたけど
そのころは ちょこっと のおまけが多かった。
今は 正確に 計算してくれます。
でも おまけでレモンとパセリがもらえます。
Commented by horaice at 2007-08-17 14:28
○cazorlaさん
おまけ!いいですね。
そういう人の感覚~おまけの心意気 お買い物が楽しくなりますね!
量り売り。
カナダでも、アメリカでも フルーツを選んで、袋に詰めるのが楽しかったです☆
よくばって、多く入れても食べられず腐ったり・・・だんだん自分の食べられる量と、生ものが痛む日にちが分かるようになってくるものですね。
サウンド・オブ・ミュージックの一場面を思い出しました☆
Commented by Balleta_la_reie at 2007-08-21 11:33
「ゴハン」は、人を知る意味でも重要な鍵を握りますね。たとえば、感性豊かな仕事をしている方は、食事のありかたも感性豊か。表層だけのかっこうよさだでなく、また、お高い料理だけでなく、屋台の料理も含め、本質をつかんだ食を好まれる点は、共通している気がします。しかも、職種、業界をこえて、だいたいそういった方が「美味しい」と認められる店も似てくるから不思議です。

仕事が忙しくなると、どうしても、「ゴハン」がおろそかになますね。ときには、食事抜きなんてことも...。でも、栄養摂取という意味に加え、心の豊かさのためにも、大地の滋味を感じ、人と楽しい会話をしながら...というイタリア的な食のありかたの"正しさ"を感じること、ままあります。あくせく働き、会社のために身をすりへらし、ときにはある日とつぜん、「もういらない!」な~んて解雇されるご時世にあって、生活のありかた、人生のあり方、考えさせられます。

話はとびますが、アレックス・カーさんってご存じですか?彼の著書 「美しき日本の残像」「犬と鬼」。なかなか、ズシンとくるものがあります。もし、機会があれば、ぜひ~!
Commented by horaice at 2007-08-21 23:40
○Balletaさん
 >栄養摂取という意味に加え、心の豊かさのためにも、大地の滋味を感じ、人と楽しい会話をしながら...というイタリア的な食のあり方・・・

イタリア人の食生活、覗いてみたいです!
ほんと仕事中心になると、食事がおろそかになってしまったりて、益々体が悪くなる・・・余裕が欲しいものです。食事を楽しむ、それは心の余裕に繋がっていくのでしょうね。
おいしいご飯を食べることの大切さ、感じています。

アレックス・カーさん
知らなかったので、今調べてみました。面白そうですね☆
他の文化を背景に持つ人が見る日本 私たちより 客観的に より現実を見られるのでしょうね。
以前、そういう他からみた日本の文化を読みたくて、ルース/
ベネディクトの 「菊と刀」を読みかけであったことを思い出しました。こちらは、精神文化的なものでしたが。。
アレックスカーさん、話題の方みたいなので、読んでみたいです!!
ありがとうございます☆
Commented by gatchi_k at 2008-09-08 21:10
私もexciteブログはじめました。よろしくね!
この You are what you eat って言葉、
すごくいいなぁと思って、私のネームカードに使わせて
もらっちゃいました。
また遊ぼうね!!
Commented by horaice at 2008-09-09 00:07
○gatchi!
ハロー☆足跡辿ったら、知らない人のところ 
キャーーと誰だぁ!!と思ったら、gatchiだったのね!
gatchiにいい言葉 見つけてもらって嬉しい☆だって、お料理好きだもんね!
私もリンクさせてもらいます☆
またこっちに出てくるときは、声掛けてね~♪
<< Café con leche Sevilla = Plaza... >>