HOTEL AFRIQUIA

f0013452_04430100.jpg


迷いつつ、寄り道をしながら、メディナへ到着。
中心へ行くにしたがい人が増えて行く、
あまり人ごみは好きでないので、
静かな小道へ入り込んだ。
モロカンスタイルの宿の扉が見え始めた。
あ、もしかしてここが安宿街?
地図見ていたときは、きっと恐ろしいところだろうと決めてかかっていたが、
エルフナ(メディナの中心部)からすぐのところ。
こっちの方が静かで、道はとてもきれい。
ふらっと入ると勧誘の声。
シツコイ人は、首を振ってニコッとバイバイ。
その中で、通り過ぎようとした玄関の前で
ただ どうぞ と手を中へ伸ばす少年。

ん?




どうぞ どうぞ と日本語で そしてジェスチャーも。
日本人も多いのね、と思った。
私、ホテル探してないの。見てるだけだから、と言うと、
どうぞ 見るだけ いいよ。と 
ほんと?ほんとにそれだけでもいいの?
普通なら怪しんで用心するけれど、
笑顔がさわやか、自然と大丈夫な気がした。
じゃ、お言葉に甘えて。
ということで、簡単に見学させてもらうことに。

f0013452_0441848.jpg


上のテラス、きれいんだよ、どうぞ。
えっ?いいの??といいながらトコトコ;-)
安宿は全部チェックして決めるので、
お邪魔することは悪いことじゃないけれど、
私は既にホテルがあるから本当に見学のみ。
ただ見てみたかった私を快く案内してくれた。
何だか彼の気持ち分かる気がした。
働く場所が本当に好きな人。見せたいものがあるって気持ち。
私も仕事でそうだから。
屋上からは、山々が見えるということだったのだけど、
ちょっと雲がかかってしまっていた・・・
あ~残念!
ここで休んでいっていいよ、好きなだけいて。
と言い残して、彼は下へ。
いいのか?!この自由さ。
見せたいものは、ここの景色だったのか。
ほんと素敵な場所。

テラスは広く、階段がいくつか伸びていて、
中庭を隔てたところには、日光浴する白人の女の子たち
階段途中のテラスには、のんびり語り合うヨーロピアン男子の姿が。
意外!日本人がいるのかと思ったけれど、
きっと日本人はいても、日中は観光地を慌ただしくまわって
お昼間からこんなぼーっとホテルで過ごすことなどしないだろうな。
私もそんな時間のない日本人だけど、
ただしっかりと目的地へ向かう人たちと違うとしたら、
方向音痴、ハプニング好き:-p♪
観光名所に辿り着くことにそれほど執着心がないのかも。
迷っても、その寄り道に驚きあり、不安あり、恐怖ありが楽しい♪
ただ好奇心がいろんな道へと歩ませ、
はたから見ると危ういようですが、
結構どころかかなり用心深い性格なので、今のところ大丈夫。

f0013452_044827.jpg


HOTEL AFRIQUIA、
2階までオレンジの木が伸びてる!
アフリカの太陽を浴びて、すくすく育つオレンジの木!
2月初旬、マラケシュの日差しはまだ強く、暑かった。
お昼は半袖でいけるくらいだが、夜はコートが必要。
この時期、モロッコはオフシーズン。
私がいる間も雨はあったけれど、
夜にぽつぽつ・・深夜にざーっと降るくらいだったので、気にならず。
(ただ、アトラス山脈などの山に囲まれたフェズは寒かった。
 風邪を引いたのはきっとそこに違いないっ!)

話は戻り、素敵なホテル、安宿もいいなとここに来て思いました。
ただしベットやシャワーなど、ユースホステルのような感じ。
仕事の間のバケーションなら、リアドかホテルが楽かも♪

f0013452_0435982.jpg


上からマラケシュのメディナを眺め、何だか ほっとした。
いくらハプニング好きでも、やはり気を張って歩いているので、
こういう利害ない(あったかもしれないけれど?!)サービスが、旅人には嬉かった。
ありがとう☆また来る機会があれば、寄らせてもらいます♪

f0013452_0443985.jpg


さて、次はどこへ行こう。
どこに行きたいの?
お勧めは?
と丁寧に色々教えて頂きました☆
あの・・泊まっている3つ星ホテルより、よくしてもらってるんですけど。。
お手洗いまで借りて、ほんとリラックスし過ぎな私。笑
ブラジル人とモロッコ人のハーフというオマール君、
こんなに自然に優しいので、人気なのか、似顔絵まで飾られてました。
もしかして日本人の人も知っている人、いるんじゃないかなぁ。

f0013452_0444885.jpg


この後、ここの玄関を出た後すぐに
ハプニングの連続のきっかけが訪れた。
本当に信じられないくらい、
色んな人たちとの出会いと繋がりがここから始まった。
HOTEL AFRIQUIA、
オマール君との出会い、
そして突きあたるように出会った日本人、
そこから繋がる人脈、
その夜、
その後のフェズまで続く、
この旅の出会いの始まりの瞬間。
こういうのがたまらなく楽しい!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Hotel Afriquiaのご紹介により等ブログに来て下さった皆様、
ありがとうございます。
モロッコの旅の記録は、右にあるカテゴリのモロッコの欄からまとめてご覧頂けますので、よろしければ覗いてみて下さいね。何か発見や訂正、感想などがありましたら、是非気兼ねなくコメント下さい;)よろしくお願いします。(追記2013.12.16)
[PR]
by horaice | 2010-02-25 02:01 | Moroccoالمملكة المغ | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://lemonsui.exblog.jp/tb/12941446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by travelster at 2010-02-27 22:00
こんなまどろみの時間が一番印象に残ってるんですよね。不思議なもので。
こういうと観光地に行くと、中学生くらいの歳でも
とても賢い子、利口な子、シュールな子、純な子、優しい子、逞しい子、狡猾な子
ほんと色々。子供の頃から絶えず外国の人たちに揉まれて生きてて。。
自分との違いをほとほと痛感させられます。

それにしてもオタール君。気の良さそうな男の子ですね。
子供心にhoraiceさんに色々見せたかったのでしょう!
次が楽しみです♪
Commented by horaice at 2010-02-28 00:59
○とらさん
私が少年と書いてしまったのですが、日本でいうと高校生か大学生くらいの年だったので、青年と書くべきでした。ごめんなさい。
私には、男の子という感じでした。笑
モロッコ、何せ初めてなので、どんな人にも用心していた割に、
いい人と出会ったのか、みなさんとても親切にして下さいました。
ガイドブックでは、用心させるために色々書いてくれているんでしょうね。だけど、何処の国も人の生活があり、そんなに悪い人ばかりでない。笑 
逆に、日本よりお年寄りや子供に、席を譲るのは速いし、荷物も当たり前のように手伝ってくれるのが当たり前でした。
またおっしゃるように子供のころから、生きるために働いている子も多いようで、語学に長けて、逞しい姿を見ました。
オタール君は、感じのいい人。この後もまたトイレ借りに行っちゃいました。笑 優しい人に甘えてしまいがちです;-p
Commented by mai-obachan at 2010-03-12 18:53
うわ~ストーリーが段々ゆったりしながらもスリリングな方向へ!

ひとつ小道に入ってひとつの出会いがあって、、、それからどんどん変わるたびの景色!

いい宿は星の数で決められないのね。

あーーー旅したいっ。
Commented by horaice at 2010-03-12 23:12
○maiさん♪
あはははっ 衝動を掻き立ててしまいましたか。笑
ほんと今回は行くところ、行くところ人との出会いがあって、楽しかったです♪
廃墟シリーズ、maiさんのスペインも 私にとって誘惑なんですよ! ブログって、家に居ながらいろんなところを見れて誘惑だらけですが、少しあちらの空気を吸った気分になれるので便利ですよね。
モロッコ~長々と後も書き続けておりますが、しばらくお付き合い下さい♪♪ 
maiさんの更新も楽しみにしております!!
Commented by yoko akema at 2013-09-07 00:08 x
his name is Omar!!! He wants to correct his name. And Thank you for the nice comment.
Commented by horaice at 2013-09-07 06:07
>yokoさん
wow thank you for your comment. I will;-)sorry for my mistake.I haven't imagined someone who know about him saw this blog. I am kind of impressed. Please say hello to him!
Commented by YOKO AKEMA at 2013-09-10 00:11 x
彼もこのブログで自分のことが書かれていて喜んでいました✨
どうもありがとうございまし??
Commented by horaice at 2013-09-10 02:35
○Yokoさん、
ありがとうございます!すごく嬉しいです。ブログ、どうやって見つけてくれたのかな。日本語で書いていたのに、オマール君まで 私の書いたことが辿り着くなんて、奇跡的♪
だいぶ前の記憶が新鮮に蘇りました!こちらこそ、ありがとうございます!
Commented by Yoko AKEMA at 2013-10-14 23:11 x
度々コメントさせて頂いております、yokoです。実はホテルアフリキアのFacebookができたので、このページをシェアしたいと思ったのですが、よろしいですか?
Commented by horaice at 2013-10-15 05:52
>yokoさん、お知らせありがとうございます☆yokoさんはそちらにお住まいなのでしょうか。頑張ってらっしゃるんですね!光栄ですが、そちらのページを先に拝見させて頂いてもよろしいでしょうか。ホテルアフリキアで検索してみたのですが、見つけられませんでした。。
Commented by yoko akema at 2013-10-15 17:12 x
日本在住ですよ〜笑
FacebookはAfriquia Hotelで見つけられるかと思います!わたしはコメントを書き込んでるだけなのですが、このページをわたしが見つけたのもなにかの縁なのでシェアしようかなと思っただけなのです。
迷惑でしたら全然大丈夫です。すみません(´・_・`)
Commented by horaice at 2013-10-16 04:00
○yokoさん
そうなんですね;)いやただ恥ずかしいからどんな方が見られるのかなと気になっただけです。全然紹介して頂いて結構ですよ。きっと皆さん旅好きな方ばかりでしょう;ー)人との繋がりは不思議なもので、旅が引き寄せてくれることが多いです。見つけて下さって、ありがとうございます☆
Commented by Yoko AKEMA at 2013-10-16 09:36 x
ありがとうございます\(^o^)/
Commented by horaice at 2013-10-16 21:42
;ー)
<< A piece of memo... 嬉しいっ♪ acras de ... >>